正しい遺言作成でスッキリ安心│法律家サポートで心も晴れる

遺言の作成方法

遺言作成には、公正証書遺言と呼ばれるものと、秘密証書遺言というものがあります。公証人役場に行き、証人や公証人の立会の元、書類を作成していくもので、記録として残すことができます。

詳しくはコチラ

書類を安全に保管

遺言作成を行った際には、自分の死後にきちんと書類を見つけてもらうということが大切になります。すぐに見つかるような場所にあった場合は、書き換えられてしまう可能性もあるので、様々な保管方法を検討することが大切です。

詳しくはコチラ

おすすめ関連リンク集

  • 東京・刑事事件相談

    プロがすぐにトラブルを解決してくれるので、刑事事件で弁護士を呼びたいと思っているならこちらにしてみるといいでしょう。
  • 相続税専門センター

    相続税は大阪で展開されている事務所に相談をしてみよう。丁寧にサポートをしてくれるので困った状況を解決できます。
  • 司法書士法人ジェネシス

    過払い金は千葉で請求することが出来ます。借金を既に完済している場合も相談に乗ってもらえるので、コチラをご確認ください。

有効な遺言を行う

生きているうちに、財産を遺された人に対してしっかりと分けたいというように考える人が非常に増えてきました。遺された家族が争ってしまわないようにすることや、お世話になった人になるべく多くの財産を遺したい等、意思はその人それぞれです。しかし、遺言作成はただ書いても無効になってしまうというケースがあります。作成方法がいくつかあり、しっかりとした形式で記載しない場合は、無効となることから、自分の意思を後に遺せないということもあります。法律家に相談し、しっかりと記載していくことで、後に有効な遺言作成を行うことが出来ます。作成方法の一つに、自筆証書遺言というものがあります。自分で確実に書いていくことが大切で、日付や氏名、捺印をしていきます。簡単に記載することが出来る反面、形式が間違っている場合は無効となってしまうこともあります。そのため、しっかりと確認を行なっていくということがとても大切です。

遺言の作成として、現在最も公的なものとして認められているものが、公正証書遺言です。公証人役場に行き、証人2人以上の立会いで、遺言の内容を話して公証人が筆記していくというものです。記録した文章を本院と証人に閲覧してもらうことや、読み聞かせを行うことにより確認を行い、それぞれの署名や捺印をするというものです。相続人の可能性がある人は証人になることはできず、原本を役場で預かってくれることから、保管場所としても安心して利用することが出来ます。似たような手法に、秘密証書遺言というものがあり、公証人役場で遺言書を提出して封をしていきます。公証人も遺言内容を確認することができないため、プライバシーを守るということもできます。

自分の意思を遺す

生前整理の中には、遺言作成と言われるものがあります。遺された家族に揉め事を起こさないようにするためや、お世話になった人に治して多くの財産を分けたいという場合に利用します。

詳しくはコチラ